ミズノ初のニットアッパーを採用したシューズ「WAVEKNIT R1」発売

ミズノ WAVEKNIT R1

ミズノ初のニット素材を使ったアッパーをもつランニングシューズ「WAVEKNIT R1(ウエーブニットアールワン)」が、2018年3月20日(火)に発売されました。

シューズメーカー各社がニットアッパー採用のモデルを販売する中で、満を持して登場となる「WAVEKNIT R1」は、ニット素材を使ったアッパー(足甲)部に、人気モデル「WAVE RIDER 21」と同型のソールを掛け合わせたシューズです。

「WAVEKNIT R1」は、『走れる”ニットアッパーシューズ』を求めるランナーに向けて開発されました。アッパー部の側面は、厚さの異なる独自の編み方を施したニット素材を使い、靴下を履いているようなフィット感と、心地よいホールド感を体感できます。ニットの編み方による凸凹のある波形のウェーブ模様は、シューズを印象づける特徴的なパターンになっています。

ミズノ WAVEKNIT R1 ウェーブパターン

ソールには、エントリーモデルとして実績があり、クッション性と安定性をもつ「WAVE RIDER 21」と同型のソールを採用するため、従来モデルからの履き替えがしやすく、シューズの選択肢を広げてくれます。

「WAVEKNIT R1」のメインターゲットは、キロ5~7分程度のランナーで、踵と足先部のドロップ差は12mmに設定されており、走行時の足運びをサポートしてくれます。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
商品概要
価 格
14,900円+税(税込価格:16,092円)
サイズ
メンズ 25.0~29.0cm
ウィメンズ 22.5~25.5cm
カラー
メンズ 2色(ブラック×ホワイト、ブルー×ホワイト×イエロー)
ウィメンズ 1色(ブラック×ホワイト)

関連記事