注目を集める低価格のランニングウェアを展開する5つのメーカー

スポーツブランドのアイテムは、その機能性から比較的値段が高いものが多く、複数購入する場合には、ユーザーにとって負担が大きいものでした。そこで、注目を集めてきているのが、低価格帯のスポーツアイテムを販売するメーカーです。以前からスポーツを専門に扱っているメーカー以外にも、自社のノウハウを生かした商品を開発し、スポーツ分野に展開してくるメーカーがあります。

汗をかき、常に着替えが必要になるランナーにとって、インナーやシャツは必需品で、枚数が欲しいところ。価格が安ければ、まとめて買うことができ、さらに出費も抑えられます。

ここでは、最近注目を集める、低価格のスポーツアイテムを販売するメーカーを紹介します。

【目次】

WORKMAN(ワークマン)

WORKMAN(ワークマン)

作業服の最大手として全国に800店舗以上を展開する「ワークマン」。2018年より、アウトドアやカジュアルウェアを扱う新業態の「WORKMAN Plus」を展開し、低価格のウェアの販売を展開しています。ワークマンは、自社一貫生産により、低価格を実現しています。

ブランドの「Find-Out(ファインドアウト)」では、動きをサポートする、コンプレッションウェアをメインに、高機能のスポーツウェアが買い求めやすい価格で揃います。ランニングでも使える軽量のスポーツシューズも販売しており、トレーニング用の一足として購入しても良いでしょう。

BODYMAKER(ボディメーカー)

BODYMAKER(ボディメーカー)

スポーツアパレルを中心にトレーニングやフィットネス、格闘技などのアイテムを販売する日本発のブランド「ボディメーカー」。低価格帯のインナーや機能性ウェアを取り揃えるだけでなく、日々のトレーニングで使えるトレーニング器具を多く販売します。

また、「ドラゴンボール」をはじめ、アニメや映画とコラボレーションした商品を積極的に展開しているので、コスプレランナーは注目したいところです。

Decathlon(デカトロン)

Decathlon(デカトロン)デカトロン西宮店 イメージデカトロン西宮店 イメージ

フランス発のスポーツ販売店「デカトロン」。80種類以上のスポーツを扱い、すべて自社製のオリジナルブランドで展開します。企画から製造、販売を自社で行うことでコストを下げているため、低価格での商品提供を実現しています。2019年3月には、関西エリアに実店舗の1号店の「デカトロン西宮店」を出店し、日本での販売に力を入れてきています。

ランニングブランドの「KALENJI(カレンジ)」では、ロードだけでなくクロスカントリーからトレイルまで、あらゆるランニングアイテムを展開します。高機能でシンプルなデザインが多く、ベーシックなアイテムとして使えます。さらに、オンラインストアでは13時までなら当日配送で出荷し、全品送料無料を実施(2019年4月時点)しています。

ランニング・ジョギング・トレイルランニング | DECATHLON (デカトロン)
https://www.decathlon.co.jp/jp_ja/new-sports/running-jogging-trail-running.html

ニューバランス 公式オンライン アウトレット

ニューバランス 公式オンライン アウトレット

ニューバランスのスポーツアイテムが、定価から30%~50%OFFの価格で買える、2018年にオープンしたウェブ限定ストア。

前シーズンのモデルを中心に、ニューバランス商品が豊富に揃います。新着アイテムも続々と入荷されるので、マメにチェックしたくなるストアです。

【NB公式アウトレット】ニューバランス | New Balance【公式通販】
https://outlet.newbalance.jp/shop/default.aspx

GU(ジーユー)

カジュアルウェアを販売する「GU」では「GU SPORTS」のカテゴリーを設け、スポーツシーンだけでなく、タウンユースとしても使えるウェアをラインアップします。原色やカラフルな色合いを使ったものも多く、おしゃれに着こなしができるアイテムが揃います。

また、運営会社が同じ「ユニクロ」の“エアリズム”の、インナーやタイツと組み合せて着てもいいでしょう。

GU(ジーユー)公式通販オンラインストア
https://www.gu-japan.com/jp/pc/

ユニクロ|AIRism(エアリズム)商品一覧
https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/airism/women/

関連記事