コストパフォーマンスが高いGPSウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」を使ってみたインプレッションを紹介

HUAWEI WATCH GT 2

「HUAWEI WATCH GT 2」は、2019年11月22日(金)に発売された、ミドルクラスのランニング向けGPS搭載スマートウォッチです。

ケースサイズは、46mmシリーズ(約41g)と42mmシリーズ(約29g)の2タイプあり、共にスポーツ機能をもつ仕様が用意され、デザインもシンプルでスタイリッシュです。大きさや重量、機能面から、お好みのサイズシリーズやモデルを選ぶことが出来ます。なお、42mmについては、一部の機能が未搭載になります。

HUAWEI WATCH GT 2

スマートウォッチとしての時計やアラーム、メッセージ通知などのベーシックな機能に加え、天気情報、スマートフォン探索、アラーム、懐中電灯など、便利機能が充実しています。また、音楽再生機能や46mmシリーズには通話機能などマルチ機能も搭載されています。

HUAWEI WATCH GT 2 スポーツ機能

スポーツに関しては、最大8つのアウトドアスポーツ(ランニング、ウォーキング、クライミング、ハイキング、トレイルラン、サイクリング、オープンウォーター、トライアスロン)、7つの室内スポーツ(ウォーキング、 ランニング、サイクリング、プール、自由訓練、エリプティカル、ローイング)の合計15のスポーツモードに対応しています。

市場想定売価は、46mmシリーズのスポーツモデル(マットブラック)が24,800円(税抜)、42mmシリーズのスポーツモデル(ナイトブラック)が22,800円(税抜)です。

「HUAWEI WATCH GT 2」のインプレッション

HUAWEI WATCH GT 2 一式

「HUAWEI WATCH GT 2」のパッケージは、ウォッチ本体と、充電用ユニットとケーブル、そしてクイックスタートガイドの4点で、充電すれば直ぐに装着して使い始めることが出来ます。

スマートフォンとのペアリングには「Huawei Health」が必要になるため、スマートフォンにインストールが必要です。インストール時にさらにペアになるアプリを入れることを求められますが、権限がないとしてインストールできません。代わりに、HUAWEI IDの登録が必要になるなど、少し分かりにくい場面がありました。

HUAWEI WATCH GT 2 バッテリーユニット

バッテリーは1度の充電で、約2週間もつ(46mmシリーズ)ため、こまめに充電する必要はありません。充電する時は、マグネット式のユニットをウォッチの背面に付けるだけで、短時間でフル充電ができます。

HUAWEI WATCH GT 2 バッテリー性能

ウォッチの画面は明るく解像度が細かいため見やすく、ウォッチフェイスも多彩です。文字盤やデジタル、アーティスティックな背景のものまで全部で15種類あるほか、自分で好きな画像を選んで登録も可能です。

HUAWEI WATCH GT 2 装着時

46mmシリーズを装着感は、若干重量感を感じるものの、慣れてしまえば気にならない程度で、ランニング時でも重さを感じません。しかしながら、ライフログを取るために休憩や睡眠時を含めた24時間装着し続けるのには、個人的には厳しい印象でした。ライフログを取るのが目的であれば、バンドタイプで軽量の「HUAWEI Band 4 Pro」を選んだ方が良いでしょう。

ランニングの機能としては、距離、タイム、速度、消費カロリーがホーム画面に表示され、スライドさせれば心拍数やケイデンス、標高差、平均速度との差異などのデータ表示も見られます。トレーニングのコースメニューが13種類搭載され、特に初心者にオススメしたい機能です。例えば、初心者のラン&ウォークメニューでは、3分の早歩きから始まり、2~3分のランと早歩きを交互に指示してくれる22分のプログラムが組まれています。

HUAWEI Healthアプリ

音楽機能は内蔵のストレージに最大500曲を保存でき、ヘッドフォンとのペアリングも可能なのは、音楽を聴きながらランニングするランナーにとっては、ありがたいところです。また、ウォッチ内のスピーカーから音を出せるため、周りに迷惑のかからないような場所、例えばトレイルなどであれば、スマートフォンとヘッドフォンなしで、音楽を流しながらランニングが出来きます。

1点つ気になったのは、ウォッチの点灯までにタイムラグがあること。ランニング時に腕を下して腕振りをしている時は画面がオフで、画面を見ようと上げた瞬間にオンになる仕様なのですが、この時に画面点灯まで1秒程度のタイムラグがあります。ランニング時には、どうしてもこの約1秒が気になってしまいます。致命的ではないですが、アップデートで改善を期待したいところです。

Huawei Healthアプリ

連携するスマートフォンアプリの「Huawei Health」では、ランニングや心拍のデータを統合的に見ることが出来ます。活動データとしてランニングのルートやペース、心拍数と共に、回復時間や効果レベルなどの多彩な情報も提示してくれるため、ランニングの幅を広げてくれます。

「HUAWEI WATCH GT 2」使用感はおおむね良く、販売価格と照らし合わせても、リーズナブルで十分な機能をもったスマートウォッチといえるでしょう。

商品概要
商品名
HUAWEI WATCH GT 2
サイズ
46mm - 45.9 (W) x 45.9 (H) x 10.7 (D) mm
42mm - 41.8 (W) x 41.8 (H) x 9.4 (D) mm
重 量
46mm - 約41 g (バンドを含まず)
42mm - 約29 g (バンドを含まず)
価 格
46mm - 24,800円(税抜)
42mm - 22,800円(税抜)
防 水
5ATM
測位方式
GPS+GLONASS
音楽機能
最大500曲保存可能、スマートフォン音楽再生操作可能
ワークアウト
全15種類
バッテリー 
46mm - 通常使用約2週間/GPS連続使用約30時間
42mm - 通常使用約1週間/GPS連続使用約15時間