「ホノルルマラソン2020」が 12月の開催を断念。今後は、2021年上半期の代替日の検討に

ホノルルマラソン日本事務局は、コロナウイルスの感染拡大の影響により「JALホノルルマラソン2020(第48回大会)」の 2020年12月13日(日)の開催を断念し、2021年上期での延期開催の検討に入ることを、2020年10月23日(金)告知しました。

開催地にあたるハワイの「ホノルルマラソン協会」では、ホノルル市政府及びハワイ州政府と多くの協議や検討を重ねたことを報告したうえで『現下のハワイ州ホノルル市郡における状況において、ホノルルマラソンの大会運営に必要な公道・公園使用等を含め許認可の獲得をすることが困難と判断し、本大会の2020年12月13日(日)の開催を断念せざるを得ない状況となりました』と告知しました。

今後は、2021年上期に延期開催が可能な代替日の検討と協議を行う予定で、大会の延期開催または開催中止の告知については、決まり次第、サイトで案内をするとしています。

大会が中止になった場合のエントリー料金については、返金はされず、2021年12月開催の次回大会「第49回ホノルルマラソン」のエントリーに振替えられます。

「ホノルルマラソン2020」12月開催断念/延期検討のお知らせ | JALホノルルマラソン2020
https://www.honolulumarathon.jp/2020/office_news/20201022/