2万6千人余のランナーを集めて開催された「JALホノルルマラソン2017」のレース結果

JALホノルルマラソン2017

2017年12月10日(日)にハワイのオアフ島で「JALホノルルマラソン2017」が、26,371人のランナーを集めて開催されました。日本からも11,727人が参加し、午前5時にスタートを祝福する花火の音が鳴り響く中ランナーたちは走り出し、途中でスコールにも見舞われながらも、南国での華やかなマラソンを楽しみました。

JALホノルルマラソン2017

マラソンレースの結果

フルマラソン男子は、ローレンス・チェロノ選手(ケニア)が、昨年に引き続きコースレコードとなる2時間8分27秒で、女子もブリジット・コスゲイ選手(ケニア)が2時間22分15秒のコースレコードで連覇。ケニア勢が圧倒的な強さを見せました。

フルマラソン男子順位
1位
ローレンス・チェロノ(ケニア)2:08:27 コースレコード
2位
ウィルソン・チェベト(ケニア)2:09:55
3位
ビンセント・ヤトル(ケニア)2:10:38
フルマラソン女子順位
1位
ブリジット・コスゲイ(ケニア)2:22:15 コースレコード
2位
ナンシー・キプロプ(ケニア)2:29:16
3位
ジョイス・チェプキルイ(ケニア)2:33:18

日本人トップは、フルマラソン男子が谷本啓剛選手(千葉県)の2時間29分07秒で総合7位(男子7位)に入り、女子がメモリードに所属する吉冨博子選手(佐賀県)の2時間40分13秒で総合16位(女子5位)に入りました。

車椅子競技部門では、男子は副島正純選手(長崎県出身・ソシオSOEJIMA所属)が1時間39分24秒で、女子は、土田和歌子選手(東京都出身・八千代工業所属)が1時間49分33秒で男女とも優勝し、それぞれホノルルマラソン通算11回目の優勝となりました。

完走メダルとフィニシャーTシャツ

完走者にはゴール地点で、ホノルルマラソンのロゴマークをかたどり、45周年の45の文字が刻まれたゴールドの完走メダルが贈られました。完走メダルはホノルルの風景とともに写真を撮ると美しく映え、今年のグリーンのフィニッシャーTシャツの上にメダルをかけても、相性の良い色合いのコーディネートになりました。

「ホノルルマラソン2017」特番の放送予定

「ホノルルマラソン2017」の模様が、2018年1月13日(土)16:00からTBSでの放送が予定されます。番組では、佐藤隆太をナビゲーターに向え、フルマラソン初挑戦の浅田真央さんや、昨年番組のナビゲータを務めた女優の高梨臨さんのフルマラソン挑戦の様子など、ホノルルマラソンの魅力をたっぷり伝える番組になっています。

第45回JALホノルルマラソン|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/sports/honolulumarathon/

JALホノルルマラソン2017の動画公開

ホノルルマラソン2017のオフィシャルの動画が公開されています。58秒と短いですが、大会の様子を垣間見ることができます。

タレント・著名人のランナーも参加

参加ランナーの中には、大会の応援団長を務める氣志團の綾小路翔さん、元フィギュアスケート選手の浅田真央さん、アーティストグループ“AAA”の宇野美佐子さん、女優の萬田久子さん、元ボクサーの竹原慎二さん、ホノルルマラソンの特番に出演する高梨臨さんなどのタレント・有名人のランナーも走り完走をしました。

主なタレント・著名人ランナーの完走タイム
  • 綾小路翔さん :5時間24分34秒
  • 浅田真央さん :4時間34分13秒
  • 宇野美佐子さん:5時間54分29秒
  • 萬田久子さん :7時間05分45秒
  • 竹原慎二さん :4時間55分10秒
  • 高梨臨さん  :4時間50分39秒
綾小路翔さん(5時間24分34秒で完走)
浅田真央さん(4時間34分13秒で完走)
宇野美佐子さん(5時間54分29秒で完走)

関連記事

おすすめ商品