周回で競う新しいサーキット型のトレイルレース「クロスオーバーラン」開催

クロスオーバーラン

障害物をクリアしながら周回を重ねていく、サーキット型のトレイルレース「クロスオーバーラン」の開催が決まりました。10月1日(土)に関西大会が大阪のプラザ阪下で、12月3日(土)に関東大会が山梨のクロスパーク勝沼にて行われます。

「クロスオーバーラン」は、5時間もしくは3時間のあいだに周回を重ね、誰が一番長く、そして速く走破できたかを競うイベントです。走る路面のほぼ全区間が未舗装のアップダウンのあるトレイルコース、その道中にランナーの行く手を阻む障害が待ち受けています。

様々なレベルのランナーが挑戦できるように、個人で参加するソロ部門のほかに、3人のチームで挑むチームクラス、家族で協力しあい走破をねらうファミリークラスが用意されています。障害物セクションでは、障害をクリアできない人の救済策として遠回りすれば抜けられるエスケープゾーンが用意され、体力に自信のない人でも安心してチャレンジができます。

コースが周回というスタイルのため、トレイルランの大会ではあまりない声援も受けられることが出来るのも特徴の一つです。また、上位ランキングのランナーには賞金が授与されるので、入賞狙いのランナーのモチベーションもあがり、デットヒートが期待できます。

2016年のプレシリーズはこの2大会のみの開催ですが、2017年からは全国の5つの会場で開催され、さらに上位ランカーによる年間最終戦の全6回大会を行う予定となっています。

今後、人気となりそうな新しいスタイルの「クロスオーバーラン」は、オフィシャルページおよび、ランネットから申し込みができます。

◆「クロスオーバーラン」オフィシャルサイト
 http://crossover-p.com/
◆Facebook公式アカウント
 https://www.facebook.com/crossoverrun/

◆「クロスオーバーラン」開催概要
<開催日時>
関西大会:2016年10月1日(土)
関東大会:2016年12月3日(土)
<開催場所>
関西大会:大阪府 河内長野市 プラザ阪下特設会場
関東大会:山梨県 甲州市 クロスパーク勝沼特設会場
<参加費用>
ソロ5時間クラス: 7,500円(税込) / 1人
ソロ3時間クラス: 6,000円(税込) / 1人
チームクラス(3名):15,000円(税込) / 1チーム
ファミリークラス(3名~5名):15,000円(税込) / 1チーム
ファミリークラスのみ、中学生以上の未成年の参加が可能。また、保護者と同一チームに限ります。
<募集期間>
関西大会:2016年9月25日(日)まで
関東大会:2016年11月25日(金)まで
<申込み方法>
オフィシャルサイト、RUNNET

おすすめ商品