「第74回 びわ湖毎日マラソン大会」のレース結果

「第74回 びわ湖毎日マラソン大会」が、2019年3月10日(日)に開催されました。今レースは、MGC選考レース国内最終戦となりました。

【目次】
速報のため、後に内容修正することがあります。

レース結果(速報タイム)

レース結果
1位
2:07:52 S.ブナスル(モロッコ)
2位
2:07:56 A.テフェラ(エチオピア)
3位
2:07:58 S.モコカ(南アフリカ)
4位
2:08:08 B.セウレイ(バーレーン)
5位
2:08:11 D.ロビ(エチオピア)
6位
2:08:27 A.F.シンブ(タンザニア)
7位
2:08:42 山本憲二(マツダ)MGC
8位
2:09:21 川内優輝(埼玉県庁)MGC
9位
2:09:58 E.チェボティビン(サンベルクス)
10位
2:10:33 山本浩之(コニカミノルタ)MGC獲得
11位
2:10:50 河合代二(トーエネック)MGC獲得

レース経過

レース序盤は大集団で展開。25km過ぎより集団からこぼれはじめ、30kmを過ぎてペースが上がると集団が8名程度に絞り込まれる。41kmでテフェラ、ブナスルの2名が競り合いとなり、そのまま競技場へ入りトラック勝負になる。最後はブナスルが競り勝ち、2時間07分52秒でトップでゴールした。

START
雨模様の中、スタートが切られる。
1km
最初の1kmは3分6秒で通過。
5km
15分16秒で通過。ペースメーカーに続いて大きなトップ集団が形成される。
10km
30分25秒で通過。
15km
45分39秒で通過。
20km
1時間00分58秒で通過。集団は43人。
HALF
1時間04分14秒で通過。集団から、徐々に選手たちが遅れ始め、集団が絞られていく。
25km
1時間16分04秒で通過。集団は28人。
30km
1時間31分07秒で通過。ペースメーカーが外れペースが上がり、トップ集団はロビ、セウレイ、モコカ、テフェラ、シンブ、ブナスル、山本(憲)の7名。続くグループに河合、川内、高橋が続く。
32.5km
河合がトップ集団に追いつく。
35km
1時間46分18秒で通過。集団は8名。
36km
給水所をきっかけにペースアップ。なんとか付いていた河合が遅れる。
40km
2時間1分35秒で通過。40km手前で、山本(憲)、シンブが遅れ集団は5名。川内が河合をかわして日本人2位に上がる。MGCを狙える河合はペースが上がらず。
41km
トップはテフェラ、ブナスルの2名。その後にセウレイ続く。
FINISH
テフェラ、ブナスルが競いながら競技場に入り、最後はブナスルが競り勝ち2時間07分52秒でトップでゴールした。続いて、ティフェラ、モコカが入った。日本人1位は山本(憲)で2時間8分42秒。MGC出場権は、山本(浩)、河合が、2時間11分をクリアして獲得した。

MGC獲得選手

MGCの最終レースとなる今レースのMGC獲得ラインは、日本人1~3位が2時間11分、日本人4~6位が2時間10分。ワイルドカードを狙うランナーには別途MGC出場資格獲得タイムが設定されていました。

今回、2名がMGCの権利を獲得しました。

  •  2:10:33 山本浩之(コニカミノルタ)
  •  2:10:50 河合代二(トーエネック)