赤信号に捕まらず都内を走った「GREEN LIGHT RUN TOKYO」は走破できたのか!?

GREEN LIGHT RUN TOKYO

2017年3月10日(金)の深夜12時に皇居近くの「adidas RUNBASE Tokyo」から、総勢30人のランナーがスタートを切りました。30人に課せられたミッションは、都内に設定されたコースを赤信号に捕まらずに走り切りゴールすること。

アディダスが新しく提案した「GREEN LIGHT RUN TOKYO」のルールは、赤信号に捕まらず走り抜けること。ペーサーから遅れたり、赤信号で止まってしまったランナーは、その時点で脱落となります。アディダスが用意したコースは、100基以上に上る信号のサイクルやタイミング、走行ルート、安全性等を緻密に計算・試走・調整を繰り返し設定されたスペシャルコースです。

このミッションには、42.195kmのフルマラソンコースと、女性限定10kmコースの2コースが設けられ、総勢180名の応募の中から選ばれた30名のシティランナーが全国より集結しました。

GREEN LIGHT RUN TOKYO集結した選ばれしランナーたち

スタートの合図と共に『GREEN LIGHT RUN TOKYO』が開幕。ランナーたちが一斉に駆け出していき、深夜の東京を駆け巡るかつてないマラソンが始まりました。待ち受ける信号をかいくぐるべく、序盤から緊迫した雰囲気が感じ取れるものでした。

GREEN LIGHT RUN TOKYOスタート直後の皇居周辺

昼間は人々で溢れている東京の街も、深夜になれば人はまばらで、ビル明かりもわずかな中をランナーたちは走ります。数時間が経過した頃、「止まれば失格」のルールがランナーたちを厳しく追い詰めます。赤信号に捕まらないようにするプレッシャーはもちろん、普段走らないようなルートや、通常のマラソンとは違う感覚に苦戦しながらも全員で励まし合いながらゴールを目指します。

GREEN LIGHT RUN TOKYO人影もまばらな深夜の銀座の通り

GREEN LIGHT RUN TOKYO迫る赤信号は補給もする時間を与えてくれない

そんな多くの困難を受けつつも切り抜けたランナーたちは、無事ゴールテープを切ることに成功しました。先頭でゴールテープを切り、フィニッシュしたランナーたちは、当日オープンを迎える「アディダス ブランドコアストア 原宿」の記念すべき最初のお客様となる権利を手に入れたのでした。

GREEN LIGHT RUN TOKYOミッションを達成した歓喜のゴール

GREEN LIGHT RUN TOKYOゴールしたランナーを癒す「adidas Runners of Tokyo特製ドリンク」

GREEN LIGHT RUN TOKYO新しくオープンした「アディダス ブランドコアストア 原宿」

「アディダス ブランドコアストア 原宿」のランニングサービス
  • ランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo」の活動を毎週日曜朝に実施
    (参加する際の荷物お預かりシステム、シューズレンタルあり。何れも無料。)
  • RUN GENIE(ランジーニー)を活用した無料シューズ分析
    (レンタルシューズにRUN GENIE(ランジーニー)を装着後、一定の距離を走っていただくことでランニングフォームを分析。分析中の荷物お預かりシステムあり。)
  • オリジナルランニングMAPのご紹介
店舗概要
店 名  
アディダス ブランドコアストア 原宿(adidas Brand Core Store Harajuku)
所在地  
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-31-10 ワイ・エム・スクウェア原宿1F
電話番号 
03-5413-6633
定休日  
不定休
営業時間 
11:00~20:00
営業開始日
2017年3月10日(金)
アクセス 
地下鉄「明治神宮前(原宿)駅」より 徒歩2分、
JR「原宿駅」より徒歩5分

おすすめ商品