ワールドマラソンメジャーズ シリーズ9 男子はE.キプチョゲ選手、女子はM.ケイタニー選手が優勝

アボットワールドマラソンメジャーズ 第9シリーズ(シリーズIX) の最終戦である東京マラソン2016の終了後、アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM) のジェネラルマネージャーであるティム・ハズィマ氏と、AbbottWMMのメンバーである6大会のレースのディレクター達が共同声明で、エリウド・キプチョゲ選手(ケニア)とメアリー・ケイタニー選手(ケニア)がAbbottWMMシリーズIXの優勝者に輝いたことを発表しました。

シリーズIXは、2015年の東京マラソンで始まり、2016年の東京マラソンの完了時に終了し、その時点でのポイントランキングトップのランナーが優勝者になりました。ポイントは対象となった9大会において最大2つの対象大会でのポイントが加算され順位が決定されました。

女性の部では、メアリー・ケイタニー選手、マレ・ディババ選手(エチオピア)、そしてヘラー・キプロプ選手(ケニア)は共に41で同得点でしたが、後述のタイブレーク手順であるAbbottWMMの6人のレースディレクターの投票により、ケイタニー選手がシリーズIXの優勝者に選出されました。

【Series IX Leaderboard: Women】
1位:41Pts - Mary Keitany(KEN)
1位:41Pts - Mare Dibaba(ETH) 
1位:41Pts - Helah Kiprop(KEN)
4位:34Pts - Tigist Tufa(ETH)
4位:34Pts - Birhane Dibaba(ETH)

・Mary Keitany(KEN) 獲得ポイント
2015年TCSニューヨークシティマラソン優勝、2015年virgin Moneyロンドンマラソン2位。

【Series IX Leaderboard: Men】
1位:50Pts - Eliud Kipchoge(KEN)
2位:34Pts - Dikson Chumba(KEN)
2位:34Pts - Feyisa Lilesa(ETH)
2位:34Pts - Lelisa Desisa(ETH)
5位:32Pts - Yemane Tsegay(ETH)

・Eliud Kipchoge(KEN) 獲得ポイント
2015年Virgin Moneyロンドンマラソン優勝、2015年BMWベルリンマラソン優勝。

AbbottWMMシリーズの仕組みについて

選手は1年間のシリーズの対象大会において上位5位以内に入ることで、下記のポイントを獲得
1位 – 25ポイント
2位 – 16 ポイント
3位 – 9ポイント
4位 – 4ポイント
5位 – 1ポイント

1年間のスコアリング期間中、対象大会において最も多くのポイントを獲得した男女の選手が、シリーズ優勝者となります。各スコアリング期間において、最大2つの対象大会でのポイントが加算されます。シリーズタイトルを獲得するには、少なくとも2つの対象大会に出場する必要があります。もし3つ以上の大会でポイントを得た場合、より良い成績を残した2大会分のみのポイントが加算されます。

シリーズの1年間の間に最高のポイントを獲得した男女の選手がシリーズ優勝者となります。

AbbottWMMのレースディレクター達は東京マラソン2016の終了直後に、ケイタニー、ディババ、キプロプの3選手の総合ポイント数を踏まえ、各レースでの力強さ等を考慮し投票した結果、満場一致で、AbbottWMMシリーズIXの優勝者を決定しました。AbbottWMMシリーズIXは以下のレースで構成されます。

2015年2月22日  東京マラソン 2015年4月20日  BAA ボストンマラソン
2015年4月26日  Virgin Money ロンドンマラソン
2015年8月22日  世界陸上競技選手権 男子マラソン(北京)
2015年8月30日  世界陸上競技選手権 女子マラソン(北京)
2015年9月27日  BMW ベルリンマラソン
2015年10月11日 Bank of America シカゴマラソン
2015年11月1日  TCS ニューヨークシティマラソン
2016年2月28日  東京マラソン

AbbottWMMシリーズX、そしてAbbottWMM車いすシリーズXは、2016年4月のBAAボストンマラソンからスタートし、2017年4月のBAAボストンマラソンで終了します。2016年五輪とパラリンピックのマラソンもシリーズXに含まれることとなります。

おすすめ商品